お金と利子のお話

お金と利子のお話

 

今の経済社会にとって紙幣や硬貨といったお金は
人々が生活をしていく上で必要不可欠なものであるといえます。

 

そんな中でお金借りるという行為はどのような意味を持っているのでしょうか。
お金を借りると必ずそのお金を返す必要性が生じるわけですが、これを返済と一般的には呼んでいます。

 

返済する際に知人や友人であれば元本を返せばそれで終わりとなるのでしょう。

 

しかし、金融機関や銀区からお金を借りた場合にはそうは行きません。借りた元本に対して利子がつくのが基本となるのです。
利子は貸金業法の定めるゾーンで貸すことができ、最近になってグレーゾーンが廃止されるなどより厳格なものとなりつつあります。こんな中で不正にお金を貸す業者のことを闇金と呼ぶのです。
よくブラックリストに乗ってしまうとヤミ金からしか借りれないと思っている人を見ますが、それは違います。
ブラックリストは定期的にデータが削除されているんです。

 

返済する方法は一括から数回の分割、年単位の長期返済など貸す側の条件に対して借りた側が同意する形で返済方法を決めることが通例となっています。
そしてこの返済は借りたい城下ならず完済することが原則となっているのです。もちろん返済しなければ裁判になったりして面倒なことになりますので必ず返すようにしたほうがよいのです。